このサイトについて

保育ママ.comとは

現在待機児童問題が取り上げられていますが、保育園、幼稚園以外にも保育者が自宅や、 設備の整った場所で少人数の子供を預かる保育ママ(家庭的保育)というものがあります。
一般的には自治体が認定している場合は自治体へ問い合わせることで紹介してもらえますが、 子育てがひと段落した主婦の方が運営しているサービスは、探す手段が乏しく、また認知度も低いため、最大限に利用されていない側面があります。
また、保育ママは個人で運営する分大変な面もたくさんあります。

保育ママ.comは保育ママとパパ・ママをつなぐ架け橋です。
保育ママ同士の連携や助け合いが行えるコミュニケーションの場としても使っていただきたいと思います。 サイトの利用については完全に無料となっておりますが当事者間のトラブル等には一切関与いたしませんし、責任を負いませんのでご了承くださいませ。

保育ママとは?

正式には家庭的保育者と言われ、保育者の居宅、その他の場所で行われる小規模の異年齢保育です。
待機児童対策として期待されており、自治体も積極的に取り組んでいるところが増えています。
自治体が認定した保育者の場合、認可保育園と同じように自治体の助成が受けられるため、料金もそこまで高くありません。

昔は、保育士、看護師の資格を有する者が条件にありましたが、現在は一定の規定を満たせし、研修を受ける等すれば、有資格者でなくとも行えるようになりました。
ただ自治体によってその辺の条件は違いがあるようです。
環境は保育者一人に対して3人までとなっており、補助者ひとりが加われば5人までとなります。

保育ママのメリット

・ 発育状況に合わせた保育が可能
・ 時間も柔軟に対応してくれる場合が多い
・ 異年齢保育になることも多いので兄弟関係のようなものが築くことができる。
など

保育ママのデメリット

集団生活が学べないといった部分がありますが、
地域の保育園との連携や同じ保育ママ同士の連携等でカバーしています。

補助者とは

保育ママを補助する方です。

ベビーシッターとは?

利用者の自宅で子供の様々な面倒をみてもらえるサービスです。
会社に登録している方のほか、個人で運営している方もいます。
基本的に子供一人に対して一人のシッターがつくので料金は保育所等の施設に比べて高額になります。(時間1,000円から5,000円くらい)
最近では幼稚園・保育園の送り迎えや病院の送り迎え、各種習い事の送迎、学校行事への参加も行っているようです。

ログインしてください
ご登録ID

パスワード

保育ママ新規登録:登録無料 パパママ新規登録:登録無料
保育可能!あずかれますBBS
保育希望!あずかってほしいBBS
ご意見・ご要望BBS
保育園・幼稚園検索(只今準備中)
小児科検索(只今準備中) アプリケア cccnet 子育て広場